広告sp

マイニングプール

マイニングプール用サーバーの拡張その1

投稿日:

おかげさまでマイニングプールみずたまりにたくさんのマイナーが集まって下さいました。

私のプールはbitzenyd, stratum-mining, php-mpos というサービス(プログラム)で構成されており、序盤は全部を1つのサーバーに詰め込んで動かしていましたが利用者が増えるにつれてCPU負荷やメモリが不足しはじめてきます。このままマイナーが増え続けると次第に処理が重くなり最終的にサービスが落ちてしまう為、サーバーの増強を判断しました。

zabbixで各種パラメータを監視していて、今回一番ネックになっていたのはメモリでした。php-mposはapache上で動かしており、これが結構なメモリを食っていたのです。まずは1台新規にサーバーを借りてこのphp-mposを切り離すのがコストパフォーマンスが良さそうでした。

php-mposはダッシュボードとしてマイニング状況を確認したり出金設定を変更したりできるWebUIになります。ここを切り出す事で最悪サーバー自体が落ちてもマイニング自体は続けられるというメリットもあります。「切り出す」と言うのは簡単ですが実作業は意外とたくさんありました(特に私はzabbixも使っているのでその変の設定変更等もある為です)。

ざっと挙げると以下のような作業になりました。

  • プライベートネットワークの設定、動作確認、速度検証
  • 各種バックアップ(データベースやプログラムなど)
  • bitzenydのrpc受付アドレスを複数設定
  • DNSでphp-mpos用のサブドメインを新サーバーに変更する
    (IPが浸透するまで元々のサーバーにもしばらくアクセスが来るのでログを見ながら良きタイミングで落とすのが良い)
  • ファイヤーウォールの設定変更(新旧共に)
  • php-mposのプログラムや設定を新サーバーに移行
  • cronの設定変更(支払いの自動処理など)
  • zabbixサーバーを新サーバーに移行、旧サーバーにはzabbixエージェントのみにする
  • 動作確認

特に注意したいのは私の構成では予めphp-mpos用のサブドメインとstratum-mining用のサブドメインを分けて運用していた為、DNSで簡単にIP割り当てを変更できましたが一緒にしているケースでは厄介です(前段に振り分け用のサーバーを置くか、どちらかのサーバーからフォワーディングするか・・・)。

作業には1~2時間ほどかかりましたが無事成功しました。これで当面は大丈夫だと思っていたのですが・・・続く

-マイニングプール

Copyright© みずたまりブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.