広告sp

マイニングプール

各種プログラムとポートの関係について

更新日:

プール構築には大きく分けて3個のアプリケーションが関わってきます。(※他の選択肢もあるのであくまでも一例と受け取ってください)

それらが任意のポートで連携していくのですが最初見ただけだとグローバルに公開しないといけないポート、プライベートで構わないポートが分からなくなりがちでした。そこで構築が終わってから改めてお絵かきしてみました。

(※ポート番号はデフォルト値であり設定により変更できる場合があります)

構成イメージ

詳細

  • coind(BitZenyの場合はbitzenyd)
    • p2pで言う所のノードで、ウォレット機能、マイニング機能を有するアプリケーション
    • ノードとしての連携を取るのが9253ポート、これはグローバルに公開する必要がある
    • 内部的に連携を取るのが9252ポート、これは公開してはいけない
    • https://github.com/BitzenyCoreDevelopers/bitzeny.git
  • stratum
    • プールマイニングの要、マイナーさんに作業の依頼、coindに成果の報告
    • マイナーさんが接続してくるポートが3333、これはグローバルに公開する必要がある(みずたまりプールの場合は19701と19702)
    • https://github.com/ahmedbodi/stratum-mining.git
  • php-mpos
    • ユーザー、マイナーの管理、ペイアウト実施、各種パラメータの表示
    • これはwebサーバーで動くので一般的にはhttp(80)かhttps(443)で待ち受けるようにする
    • https://github.com/MPOS/php-mpos.git

 

いかがでしょうか。要するにグローバル公開する必要があるのは最低でも3個のポートになります。

ファイヤーウォールの設定を変更して適切に開けておかないとうまく動かないので、動作しない時は確認してみると良いと思います。上記では触れていませんがmysqlも必須なのでデフォルトポートから変更している場合はstratumとphp-mposの設定を変えるなどして連携できるようにしましょう。

 

-マイニングプール

Copyright© みずたまりブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.