広告sp

仮想通貨

開き直って読んでみた書籍

更新日:

本当にいまらさ聞けないというか、いまさら足を踏み入れたという仮想通貨。GOXの件で世間が賑わったころに一度調べて概要を把握したらそれで知った気になっていました。今思えばあの時にもう少し踏み込んでおけば良かったなぁと後悔しています。そんな訳で初心にかえっていまさら聞けない系の書籍でも読んでみよう、というのが動機です。

「いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」

所感としましてはエンジニア向けではなく、一般向けの内容で背景を意識した書き方になっているかと思いました。またコインチェックの関係者が書いているので取引所運営側の目線での意見を見られるのも面白かったです。ビットコインの保管方法についての記載とかはなかなか知り難い情報ではないかと思います。ただ、発売日が2017/3/24なので少し情報が古い事を踏まえて読み進める必要がありますね(投稿時点で既に約1年前…)。

ブロックチェーンやマイニングの必要性、半減期など大枠で基本的なエッセンスについては網羅されており大体の流れが分かる内容になっていると思います。仕組みの詳細については触れていないのでその辺を期待していると「これは違うな~」となるかもしれません。

個人的にはイーサリアムとイーサリアム・クラッシックの分裂騒動については詳しく知らなかったので、この機に読めてよかったと思います。とは言え、クラッシック側も仮想通貨として扱い続けるという選択があるんですね~。ブロックチェーンの面白く、また厄介な点はこのフォークにあるのでしょうね。最終的にはやはりフィンテックと絡めてどのような用途があるか、将来性があるかに触れていますね。既に銀行間の送金に使われ始めようとしており、この流れはしばらく続きそうな感じはします。

ビットコインが最初に現実のモノと交換された対象がピザだったというのも面白いエピソードですね。5月22日は「ビットコイン・ピザ・デイ」と呼ばれるお祭りの日だとか・・・w。しかもピザ2枚で1万BTCと、投稿時点で1BTC=約180万円なので今なら180億円相当になるんですよね~。相当高価なピザでさぞ美味しかったでしょう!本当に何に価値が付くか予想するのは困難だと思い知らされます。個人的には先見の明が無い事には自信があるので大けがしない程度に流されていきたいと思っています!

-仮想通貨

Copyright© みずたまりブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.